自分の力だけでお金を稼ぐ重要性|非正規社員Qちゃん 経済的自給自足生活のススメ

自分の力だけでお金を稼ぐ重要性

ネットビジネスがまだ無かった時代
収入を得る為には、
会社勤め、アルバイト、パート
もしくは自営業で働くことが一般的でした。

今はあまり使われませんが
昔はよく「脱サラ」という言葉を耳にしました。

サラリーマンを辞めて自分でビジネスを起こすことです。
ただ、その道はそんなに簡単ではなかったと記憶しています。

脱サラしたはいいけれど、失敗して、再び勤め人に戻ったり
そんな人も多かったように思います。

自営業というのは、もともと家業があって、それを継いだり
難関資格を取得したり、才能があって
その技術で生活している人が主流です。

ですので、サラリーマンがポッと出で自営を始めても
簡単に成功できなかったという現象も無理からぬことでした。

ただ、現在、ネットビジネスが普及してからは
昔と比べるとキャッシュポイントがたくさん埋まっているので
参入する為のハードルはかなりさがったと見ています。

なので、食わず嫌いで始めない人も多いのですが
お金が散財している状態なので
着手しないのはもったいないことですね。

過去のプロ野球でお金がグラウンドに埋まっている
という伝説がありますが、それに近いイメージですね。

本当に数年頑張れば、
ネットビジネスの収入が自分の給料を超えることなんて珍しくありません。

個人的には会社勤めを否定する気はないのですが
何度も面接に足を運んで、不採用にされたり
派遣などの非正規雇用で雇い止めにあったり
そういう嫌な思い、経験をされてるならば、いち早くねっとビジネスを
始めたほうがいいですね。

昔は終身雇用と言って、会社に定年まで正社員で勤務して、年功序列
賞与、退職金支給というスタイルが一般的でしたが
今は正規雇用はどんどん減っていて
非正規で働く労働者がどんどん増加しています。

賞与や退職金も支給されず、年金も期待出来ない。
そうなったら、もう自分の力で稼ぐしかないと思いませんか?

仮に現在、正社員で働いていたとしても
待遇が下がったり、会社が倒産するリスク、病気になる可能性もあるのです。

周りを見ていると、会社勤務をしていれば安心。
給与だけで生活しているという人が多いです。

これからは、自分の身は自分で守ることが必要で
会社依存、収入を100%サラリーに頼るのは危険ということに早く気付きましょう。

近年、企業も副業を認める傾向になってきています。
(ただ、それで失敗して逆に損をする可能性もあると見ていますが。)

もう、企業が社員を一生面倒見るという時代は終わりました。
景気は良くなっているとも聞きますが、そこまで余裕がないのが現実でしょう。

私は、自分の力だけでお金を稼ぐことを
「経済的自給自足生活」
と呼んでいます。

会社勤めをしながらでもいいので
是非、あなたもサラリー以外の収入をネットビジネスで得る方法を模索して下さい。


タグ
    2018.05.31 | コメント(0)Edit
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます