ガセ情報にだまされて、今思うこと|非正規社員Qちゃん 経済的自給自足生活のススメ

ガセ情報にだまされて、今思うこと

私はこれまでネットビジネスを始めてから
何度も、だまされて大金を失いました。

ですので、これから取り組む方へ
必ず目を通してほしい内容を書いておきます。

まず、ネットビジネスは基本的に相手の顔が見えません。

いかにも簡単に儲かるようなことを書いておいて
実際に買ってみたけれども、全然稼げなかった
という話はよく聞きます。

購入する際は買い手と売り手が1対1と錯覚しますが
売り手からすると買い手は大勢存在します。

私も初心者の頃、自分の都合や希望などが
売り手に考慮されると誤解していたのですが
そういうことはまったくありませんでした。

基本的に、知らない人に大金を払うのは絶対にやめて下さい。

別記事にも書きましたが、販売者は個人事業主や零細企業の為
まともに返金交渉出来ませんし、最悪、逃げてしまいます。

基本的に支払ったお金は、2度と戻って来ないと考えて下さい。

私の場合は個人的に販売者へクレームしたり
国民生活センターから弁護士を紹介してもらい
返金交渉をして、何度か戻ってきたことはありましたが
それはおそらく珍しいケースだと思います。

それも、書類を作成したり、弁護士事務所へ足を運んだり
面倒で嫌なな思いをしました。

ネットビジネスは基本的にすべて自己責任で行うので
第三者が損害賠償をバックアップするわけではありません。

この業界は情報が玉石混合の為、
ハズレをつかむこともあるかも知れません。

最初から当たり情報ばかり引き当てられるかどうか分かりませんし
それは仕方ないことかも知れません。

仮にそうだったとしても、全ては自分の責任ですし
その失敗を糧にして、同じ失敗を繰り返さない
そこから学んで、次に進めるかどうかが大きいと思います。

私も、残念ながら、お金が戻ってこないケースが数回ありました。

今は自分の責任と認めていますし、次から同じ誤ちを犯さない
相手の方が一枚上だった。と考えるようにしています。

ちなみに、私の場合は
転売ツール、個人輸出入高額塾、ツイッター高額塾
ビットコイン投資、YouTube高額コンテンツ、
エセPPCスクール、個人コンサルなどでした。

今、考えると、だまされている間は
早くお金を稼ぎたい余り、判断能力が低下します。
焦りもあったと思います。

お金を支払う場合、本当に投資する価値、根拠があるものなのか
売り手は信用出来る人物なのか
仮に、ハズレ情報をつかんだ場合でも自己責任であり、
生活に影響しない金額なのかを十分、考慮の上、
購入するか、しないかを判断して下さい。

特によく分からないコンテンツ、人物に
十万円単位の支払いはなされないように気を付けて下さい。

タグ
    2018.07.20 | コメント(0)Edit
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます