うまく行かない時は、どのように考えれば良いか!?|非正規社員Qちゃん 経済的自給自足生活のススメ

うまく行かない時は、どのように考えれば良いか!?

ネットビジネスの作業をしていると
どうしても、分からないこと、解決出来ないことがあったり
多忙で時間が取れなかったり、疲れていたり
そういう時が出てくると思います。

結論から先にお伝えすると
継続さえしていれば、あせって進める必要はありません。

イメージとしては短距離走ではなく
マラソンなので、一喜一憂しても意味がありません(ナンセンス)。

ただ、継続する意思があること
義務感ではなく、興味を持って取り組むことが必要です。

人間は動機がなければ行動できない動物なので
やらなければならない。という感覚ではなく
好奇心を持つことが大切だと思います。

思い通りに進めなくても、忙しくて作業が出来なくても
取り組む姿勢さえあれば、いつでも挽回可能です。

一番恐いのがリタイヤすることで
諦めた時点で、おしまいということになります。
これはすごくもったいないことなのです。

作業は誰かと競っているわけではないですし
自分のペースで出来る範囲で進めればいいのです。

ここでもう一つお伝えしたいことがあります。
亀の甲より年の功という。ことわざがあるのですが、ご存知でしょうか?

その意味は

「甲」は甲羅、「功」は極めて長い時間の意。
万年も生きるといわれる亀の甲とかけた言葉。

人生を長く生きてきた年長者の知恵や経験は尊重すべきであるということだろうです。

自分も最初は右も左も分からずにネットビジネスを始めて
3年以上が経過したのですが
それくらい続けていれば、さすがに右や左くらいは分かるようになりました。

ここで気を付けてほしいことは
思い通りに進められない場合、必要以上に自分を責めないことです。

別記事でも書きましたが、自分自身が自分の応援団なのですから。

作業は面倒臭いからずっとやらなくてもいいや。
と考えるのであれば、それは問題なので、自らを律する必要がありますが
進めたいという考えがあるにも関わらず、進められないのは
あなたの責任ではないので、そこは時間が解決すると長い目で見て下さい。

アルキメデスの話をご存知だとは思いますが
解決策がなかなか見つからず
入浴中に突如ひらめいたという話があります。

この話の意味するところは
問題を意識し続けることにより、解決につながるということです。

あとは体調や時間の問題も考えられますが
それも、継続する意思さえ持ち続けていれば
作業は可能な時があると思います。

マラソン感覚で続ける意思、興味を持って
七転八起の粘り強い精神で進めていきましょう!

タグ
    2018.08.02 | コメント(0)Edit
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます