ネットビジネスに行き詰まった時にどう考えるべきか?|非正規社員Qちゃん 経済的自給自足生活のススメ

ネットビジネスに行き詰まった時にどう考えるべきか?

日々、作業に取り組むに当たり
思うように進まなかったり、なかなか結果が出ないと
モチベーションが下がることもあるかと思います。

特に、初心者の方は、右も左も分からず進めるので
取り組んでいるテーマ(情報商材)も本物なのか偽物なのか
分からず、しばらく続けて結果が出ないと
嫌になってしまうことも多いかと思われます。

今、自分が数年取り組んで来て、言えることは
少なくとも3年は続けていれば
右か左かくらいは分かるようになるので
少しずつでもいいので、無理せず、コツコツ進めれば
おのずと結果はついてきます。

長い間続けていれば、本物か偽物かの判断が出来るようになります。

開運!なんでも鑑定団の鑑定士ではないですが
本物と偽物の情報を見続けることで、あなたが目利きになります。

その間、最初は、偽物をつかんだとしても
次回からは偽物と判断することが可能になります。

あと、それだけ長く続けていれば
自分なりの気づきが出てくるはずです。

1日数クリックで月収100万円とか
寝ているだけで報酬発生とか

そのようなたぐいの広告は、すぐに詐欺だと分かるはずです。

もし、詐欺教材に何度も引っかかったり
あなたが作業を継続していたとしても数年間、何の気付きも無いようであれば
厳しいですが、ネットビジネスには向いていないかも知れません。

何も損害がなければいいのですが、費用が発生しますので
時間、労力、費用の損益に直結してしまいます。

重要なことは、着手している内容が正しいのか、偽物なのか
常に意識して、最悪、偽物だった場合は
軌道修正が出来るかどうかも重要だと思います。

ただ、それすらも判断がつかないということもあると思いますので
その場合は、進めている作業で何時頃までに結果を出す

出なければ、中断するかどうかを判断すべきですね。

注意してほしいことは
Aというジャンルですぐに結果が出ないので
Bに変更したり、Cに変更したりコロコロ変えるのはよくありませんし
稼げない人の典型になります。

もし、中断、中止するのであれば、商材と同様、あなた自身にも原因がなかったか
反省して下さい。

それは、自分を責めるといういう意味ではなく、客観的にどに原因があったのかを
分析することです。

自分の場合は、他者依存傾向という原因がありました。
やはり、ある程度は自分の力だけで進めなくてはなりません。

結果が出た場合は、外注を利用するというのもありかも知れませんが
自分だけでどこまでやれるのかを試してみる必要はあります。

ネットビジネスは宝くじと同じではありません。

基本ができない人に応用はききませんし、
基礎が固まるまでは、時間はかかるかも知れませんが
自分を信じて進めることが重要なのです。

これは、仕事やスポーツなどでも同じことで
ネットビジネスだからと言って例外ではないのです。

タグ
    2018.08.12 | コメント(0)Edit
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます