余計な情報をシャットアウトする癖をつける|非正規社員Qちゃん 経済的自給自足生活のススメ

余計な情報をシャットアウトする癖をつける

ネットビジネスに取り組んでいると
耳障りのいい情報が数多く入ってきます。

『○○するだけで、月収100万円!』とか
『私は仕事をやめてネットビジネスで年収1億円稼いでいます。』

などが典型的なものです。

自分は勤務をしながら、休日の限られた時間で作業をしているのですが
勤務日は朝から晩まで職場に居る為、作業は出来ません。

休日も洗濯や買い物、食事などの家事、体力回復の為の休息
子供の世話や親の介護などがある方もいると思います。

そういう中、作業を続けるのは、大変だということはよく分かります。

勤め人から見て、気になる情報として
『ネットビジネスで成功して独立し、毎日、自由気ままに生きています。』

のような話を聞くと思います。

それは本当かもしれませんし、作り話かも知れません。

仮に本当だとしても、その方は勤め人にはある社会保障や信用を捨ててまで
フリーでネットビジネス専業にしている人だったり、
凡人とは違う、特別な才能を持っている方だったりします。

ここであなたに言いたいのは
入ってくる情報についてはテレビや新聞、広告も含めて
常に取捨選択をすべきだということです。

情報をすべて鵜呑みにしてしまうと、有害な情報を受け入れてしまいます。

本当に有益なものか、嘘ではないか常に考えましょう。

簡単な例を挙げると、天気予報で、台風発生時に、荒天の現場からレポートが中継されます。

ただ、その現場は自分が住んでいる場所からは遠く離れていて、
さほど影響はない場所だったりすることもあります。

そのような情報は必要でしょうか?

大雨が降って災害だと報道では騒ぎますが、逆に雨が降らなければ今度は水不足と言うのです。

何が言いたいかというと、特定情報にいちいち振り回されない、右往左往しないということです。

ネットビジネスを続けていれば、儲け話のような情報が山ほど入ってきます。

そこで、有害な情報だと思ったら勇気を持ってシャットアウトすることが必要です。

情報を鵜呑みにして信じやすかったり
他人の行動を気にしやすい方は、十分気をつけましょう。

ネットビジネスは最終的には、他人との比較ではなく、自分で出来るかどうかなので
周りばかり気にしてい人は絶対に足元をすくわれます。

有害な情報は遮断し、有益な情報かどうか常に吟味することが大切なのです。

タグ
    2018.08.26 | コメント(0)Edit
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます