時間に制約がある方の為の外注戦略|非正規社員Qちゃん 経済的自給自足生活のススメ

時間に制約がある方の為の外注戦略

普段、勤務をされている方も多いと思いますので

今回は作業を外注化する際の注意点について
書いていきたいと思います。

まず、自分がある程度は稼げるようになってから
外注化したほうがいいです。

なぜかと言うと、自分が稼げないうちは
外注を雇っても具体的な指示が出せないからです。

ですので、初心者の方は、まずは時間がかかっても
稼げるようになるまでは外注化は考えないほうがいいです。

故に、この先は中級者向けになります。

注意すべきことは、自分より技術(スキル)がない人を
雇うのはやめましょう。

以前、私はブログ記事を書いてもらったことがありましたが
ほとんどの人はすぐに辞めてしまいます。

そして、期待した結果は、高い可能性で得られないと考えて下さい。

次に、技術(スキル)がある人がいても
人間性に問題がありそうな人も避けたほうがいいです。

物事を頼むに当たって、どうしてもやり取りは発生しますので
コミニケーション能力に問題があると
のちのちトラブルに発展してしまうこともあります。

あと、あまり多くの顧客を抱えている人もどうなのかとは思います。
実力と人気がある人物かも知れませんが

自分に対してマンツーマンでは考えてくれませんので
可能であれば、個別対応してもらえる人がいいですね。

ただ、個別対応になると外注業者にもメリットがなければ
良好な関係は続きませんので
例えば利益が発生した場合、折半にするとか
あなた自身も自分だけのメリットを考えるのではなく
お互いに有益になるように心掛けるべきでしょう。

外注業者を探すサイトは現在、たくさんありますので
以上の点に注意して進めてみて下さい。

タグ
    2018.10.08 | コメント(0)Edit
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます